初心者&子連れで楽しむファミリーキャンプ!5つのポイントをご紹介

グリーンビュー丸山
みぃママ
みぃママ

キャンプって行ったことなかったけど

最近ハマりつつあります。

あっくん
あっくん

あっくんキャンプ大好き!

とあくん
とあくん

とあくんもー!

みぃママ
みぃママ

子連れだと大変…と思いがちですが

ポイントを押さえて、大人もキャンプを

楽しみましょう♪

今年もコロナ禍の中迎えたGW。
皆さんはどのように過ごされたでしょうか?

我が家は2泊3日でキャンプに行ってきました!!

長男3歳・次男1歳の時に子連れキャンプデビューした我が家。
ファミリーキャンプ歴2年の、まだまだ初心者キャンパーです。

そんな我が家が今回行ってきたのは
埼玉県秩父郡にある
「グリーンビュー丸山オートキャンプ場」

眺めがとっても素晴らしかったこちらのキャンプ場についてと、
初心者&子連れキャンパーにオススメのポイントを5つ
ご紹介させていただきます( ˆoˆ )/

ポイント1 キャンプ地は極力近場で!最低2泊しよう

キャンプは、自分でテントを張り、ご飯も自分で作らなくてはなりません。

子連れだと、何をするにも時間がかかるので、
子連れキャンプは、早めに出て、早めに到着することが鉄則になります。

今回のキャンプ場は、私たちが住む東京寄りの千葉県からは約2時間半ほど。

チェックイン時間の12時到着を目指し、途中、買い物などもしたいので
8時には家を出ようと話していました。

が、結局出られたのは9時くらい…
何だかんだ出遅れるのも、子連れあるあるです^^;

そこを見越して、子連れで行くキャンプ地は、極力近場に設定しましょう。

また、子連れキャンプは最低2泊することをオススメします。
最初私も、2泊する方が大変、1泊で十分!と思っていました。
ですが実際1泊だけだと、ただ荷物の上げ下ろしに来た感覚となり、全くのんびり楽しめません。
最低でも2泊はして、1日は子どもとゆっくり楽しむ。
ゆったりしたスケジュールを組むことが大切です。

行きの道中では、晴れたかと思えば雨がザーッと降るという変わりやすいお天気で、
挙句の果てにはパチンコ玉くらいのヒョウが降ってくる始末。
今回のキャンプはどうなることやらと大変ヒヤヒヤしました。

現地に到着する頃には天気も落ち着いて、ほっと一安心でした。

雨のキャンプも経験有りですが、本当に大変です(汗)

ポイント2 悪天候に備えて2ルームテントがオススメ!

何とか雨はまぬがれたものの、初日は強風でとても寒く
とてもではありませんが、外で夕飯を食べられる状況ではありませんでした。

そんな中あってよかったのは、2ルームのテントです。

2ルームテントとは、リビングと寝室が一体型の大きなテントのこと。
全方向にウォールがあるので、閉め切ってしまえば、雨や風を凌ぐことができ、寒さもやわらぎます。

また、天気が良くても気になるのが、虫。。
メッシュパネルが付いているテントであれば、中で虫を気にせずご飯が食べられます^^

2ルームテント
組み立てやすさもポイント!買う前に要確認
中は意外と広々

ポイント3 キャンプ場内や近くに遊べるスポットがあるかをチェック

キャンプは、テントを張ったり、ご飯を作ったり、まったりしたり、ビールを飲んだり(笑)
大人はやることがたくさんあるのですが、子どもは意外と飽きてしまいがち。。

今はキャンプ場内にも、動物がいたり、いろいろな体験ができる施設があったりと
子どもが楽しめる工夫がされているキャンプ場もたくさんあります。

今回のキャンプ場も「子ども遊園地」という、アスレチックで遊べるエリアがありました。

グリーンビュー丸山
楽しそうなアスレチックがたくさん
ジップラインは何回も行ったり来たり!

他にも、五右衛門風呂体験ができたり、薫製ハム作りができたりする施設もありました。

こういった施設があると、連泊したとしても毎日違う体験ができ、
子どもも楽しく、大人も助かります。

ただ何もない中で、新しい遊びを作り出すのもキャンプの楽しみの一つ。

今回男子たちは、自ら石を研ぎ、焚き火用の枝を取ってくる、という遊びをしていました。

何でも遊びに変えてしまう子どもの発想は、やっぱり素晴らしいですね^^

ポイント4 どんな料理にも合う!万能スパイスが便利

キャンプと言えば、キャンプ飯!
こだわると色々な調味料を持っていきたくなりますが、持ち物はなるべく少なくしたいもの。

そんな時にとっても重宝するのが、ひとつあればどんな食材にも合う、オールマイティーなスパイスです!

私がオススメするのはこの2本!

ほりにし
「アウトドアスパイス ほりにし」
黒瀬のスパイス
「牛豚鳥魚に 黒瀬のスパイス」

どちららもアウトドア好きには人気のスパイス!

これを一振りすれば、何でも絶品になること間違いなしです^^

ほりにし
焼き鳥にかけるだけで絶品料理に!

ポイント5 無理せず快適に過ごせるキャンプ場を選ぼう

キャンプと言えば
過酷・サバイバル・ただただ疲れる
というイメージがある方も多いかもしれません。

ですが現在は、綺麗に整えられたキャンプ場もたくさんあります。

キャンプ場でも快適に過ごすためのチェックポイントはこちらの2つ!
○サイトに電源は付いているか
○トイレや炊事場は綺麗か

子連れキャンプでは、無理せず文明の力を使って快適に過ごすことも大切です!
例えば、5月のキャンプは昼間は半袖で過ごせる日でも、夜は大変冷え込みます。
電源付きのサイトであれば、電気カーペットを活用することができ
テントの中でもぬくぬく暖かく眠ることができます。

外で1日中遊ぶキャンプだからこそ、睡眠は大切!
子ども達も風邪をひくことなく過ごせました^^

また、トイレが汚いと、大人も気分がよくありませんし
特に子ども達が上手に用を足せるか、毎回気にして、それだけで疲れてしまいます。
周りのキャンプ好きの方にトイレが綺麗なキャンプ場を聞くのも良いですし
現在はいろいろな口コミサイトがありますので、そこでリサーチしてから予約すると良いと思います。

寝袋で寝るのもいい経験^^電気カーペットで快適に
グリーンビュー丸山
綺麗なトイレ。しかも暖房便座付き!
グリーンビュー丸山
炊事場も綺麗で眺めが最高

無理せずのんびり、自然を楽しもう!

まだまだキャンパーとしてはひよっこな我が家ですが、キャンプ好きな友人に教えてもらいながら
少しずつ学んできた、子連れで楽しむキャンプのポイントをご紹介しました^^

とにかくのんびり、自然を思いっきり楽しむこと!
これがキャンプを楽しむいちばんのコツだと思います。

現在はコロナの影響もあり、キャンプが大人気。
夏休みにキャンプに行きたいな〜と思っている方は、早めに予約されることをオススメします。

最後に、今回宿泊した「グリーンビュー丸山」の、素晴らしい眺めをご紹介します。

夜景も見られるキャンプ場。
最高のロケーションでした!

グリーンビュー丸山
この景色を眺めながらのBBQは最高!!!
グリーンビュー丸山
素晴らしい夕焼けも
グリーンビュー丸山
焚き火をしながら眺める夜景も素敵でした

グリーンビュー丸山オートキャンプ場〈公式サイト〉

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました