夏休みのおうち時間に!幼児〜小学校低学年にオススメの知育アプリ3選

あっくん
あっくん

夏休みって毎日ヒマなんだけど

とあくん
とあくん

しょうがない!YouTubeみよう!

みぃママ
みぃママ

こらー!YouTubeばっかりみない!!

あっくん
あっくん

だって、やることないもん。

とあっくん
とあっくん

「うっせぇわ」みよー!

みぃママ
みぃママ

そういえばこの前、知育アプリを教えてもらったからやってみよっか!

こんにちは。

気づけば、夏休みももう後半ですね。
みなさんいかがお過ごしですか?

今年もコロナ禍で迎えた夏休み。
さらに雨の日も続いておうち時間も長くなり、ついついYouTubeに頼りがちに。。
何か子どもが楽しめることはないか悩んでいたところ、小学生ママの友人が「遊びながら勉強にもなるよ!」というおすすめアプリを紹介してくれました( ˆoˆ )/

さっそくダウンロードしてやってみたところ、子どもが自ら「やりたい!」と言って夢中になってやってくれています。
そこで今回は、知育につながる【幼児〜小学校低学年向けアプリ】をご紹介します!

5歳の息子も夢中になれる知育アプリ!

思考力育成アプリ【Think!Think!(シンクシンク)】

まずはじめにご紹介するのは、思考力育成アプリ「Think!Think!(シンクシンク)」

算数オリンピックやベストセラー問題集「なぞぺ〜」シリーズの制作を監修する株式会社ワンダーラボさんが、思考センスを育てることを目的に開発された知育アプリです!

アプリを開くと宇宙をイメージした画面になり、シンクトピアという星の中でいろいろな問題に挑戦するという設定になっています。
ワクワクする世界観でどんどん問題に挑戦したくなります。

実際にどんな問題が出てくるのか見てみると、例えば「空間認識能力」を育てる問題では、穴の開いた壁に複雑なカタチをしたブロックが通過できるかどうか考えたり、立体を切断した時の断面の形を考える問題が出題されたり、イメージ力を鍛えられそうな問題がたくさん!
実際に動く画面上で正解を確認できるもで、とてもわかりやすいです。
対象年齢は4〜10歳ですが、大人がやってもけっこう頭の体操になります。

コースは無料のフリーコース・スタンダードコース・プレミアムコースの3つのコースがあり、1日にできる時間や問題数、難易度などが変わってきます。日によって違うゲームが表示されるので、無料コースだけでも楽しめますよ。
ただ無料コースでは1日に1つのゲームを3分間しか遊ぶことができないので、試してみて問題数や時間をもっと多くやらせたくなったら有料コースに切り替えることをオススメします。

有料プランにしても、1日に遊べる時間は最大約10分に設定されていて、子どもがスマホアプリで遊びすぎることを防ぐため決まった時間までしか遊ぶことができなくなっています。

Think!Think!シンクシンク 思考力が育つ教育アプリ
Think!Think!シンクシンク 思考力が育つ教育アプリ
開発元:WonderLab Inc.
無料
posted withアプリーチ

新サービス【WONDER BOX】

アプリ「Think!Think!(シンクシンク)を運営しているワンダーラボ株式会社から新サービス「WONDER BOX(ワンダーボックス)が2020年から始まりました。

ワンダーボックスは、シンクシンクと同じ問題ができるアプリも使えて学年別のワークブック、3ヶ月ごとにテーマが変わるトイ、ペーパーコンテンツの3点セットが送られてきます。

アプリでの知育と実際のワークブックや知育玩具・パズルなどの具体物を使用した知育の両方で思考力を育て、STEAM教育ができる教材です。

シンクシンクのアプリが内包されている上、時間制限も親が自由に設定できるようになるのでだいぶお得な教材です。

シンクシンクの無料コースから、有料コースを検討するならワークブックもついたワンダーボックスもオススメです。

都道府県の位置や形が覚えられる【地図エイリアン~都道府県を記憶せよ~】

次にご紹介するのは、都道府県の位置や形が覚えられちゃうアプリ「地図エイリアン~都道府県を記憶せよ~」

遠い星からやって来た、見習い地球調査員「マップン」と一緒に、日本地図をおぼえていくという設定。
ほのぼのとしたイラストがとってもかわいいです^^

遊び方は、とっても簡単!
出てくるお手本通りに、リズムに合わせて、言われた都道府県をタップするのみ。
最初は「宮城」だけだったのが、次は「宮城」「岩手」その次は「宮城」「岩手」「北海道」などと、次々と増えていきます。
そのため、地図を覚えるだけでなく、記憶力やリズム感も養われそうです!
まちがえると「調査終了」でゲームオーバーとなります。

対象年齢は6~8歳とされていますが、漢字にはふりがなが振ってあるので、ひらがなが読めるお子さんなら4歳頃から遊べます。

ただ無料で遊べるのは、北海道と東北、関東地方のみ。それ以外の地方を遊びたい場合はアプリ内課金をしなければなりません。
ですが、完全版を購入してもお値段360円!
日本地図を覚えるドリルを360円で買ったと思えば、だいぶ安いですよね。

関東出身で関西あたりからの地理に自信がない私も、だいぶ勉強になります。

地図エイリアン~都道府県を記憶せよ~
地図エイリアン~都道府県を記憶せよ~
開発元:Fantamstick
無料
posted withアプリーチ

計算のスピードがどんどん速くなる!算数アプリ【SUM!】

最後にご紹介するのは、算数アプリ「SUM! for Family – かわいい数字で算数遊び 」

ゲームの仕組みはとても簡単。
とにかくすばやく、たくさん「10」を作る!

落ちてくる数字が書かれたボールを動かし10を作るとボールが消えます。
「5」と「5」など2つの数字はもちろん、「6」と「3」と「1」など3つ以上の数字を組み合わせることも可能。

テトリスなどのパズルゲームと同様に、ボールが落ちてくるスピードがどんどんアップして、大人の私もあっという間にゲームオーバー。。

5歳の長男にはまだ少し難しいかな?と思いましたが、やっていくうちにどんどん早く10を作れるようようになってきました!
アプリを教えてくれた小学1年生のお子さんは計算のスピードがグングン上がり、毎回5,000点以上の高記録をマークしているとのこと!
ちなみに私は1000点くらいがやっとです^^;

こちら120円の有料アプリなのですが、子どもがハマって計算が速くなるなら買って損はないですよね!

SUM! for Family  - かわいい数字で算数遊び
SUM! for Family – かわいい数字で算数遊び
開発元:Enfani Inc.
¥120
posted withアプリーチ

知育アプリはお疲れママの救世主!

スマホやタブレットで遊ばせることに抵抗があるママ・パパもいらっしゃいますよね。
かくいう私も、子どもがずっとタブレットで遊んでいるのを見ると、心がザワザワしてきます。

しかしながら時代はどんどん進み、小学校の夏休みの宿題も紙のドリルではなく、タブレットで行うようになったのだとか。
今やスマホやタブレットは子どもにとっても欠かせないものとなってきました。

今日ご紹介したもの以外にも知育につながる優良アプリがたくさんある中、スマホはダメ、タブレットでは遊ばない、と頑なになるよりも、例えばタブレットで遊ぶのは1日に20分までなどご家庭でルールを決めて、日常の中にうまく取り入れていくことは、子どもにとってもよいのではないかと思うようになりました。

夏休みも後半となり、だいぶ疲れがたまってきたママも多いのではないでしょうか。
1日に数分くらいは子どもをスマホやタブレットに任せて、ほっと一息つける時間をもうけてくださいね。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました